ドイツ屈指の学生の街「テュービンゲン」おすすめ観光スポット6選

ストゥットゥガルドから電車で約1時間ほどの場所に「テュービンゲン(Tübingen)」と呼ばれるドイツ屈指の「学生の街」があることをご存知でしょうか?? 今回は、実際にテュービンゲン大学に留学していた筆者が厳選したおすすめスポット6選をご紹介いたします!!

テュービンゲンとは


デュービンゲンとは、バーデン=ヴュルテンベルク州の中心部に位置する小さな都市のことです。フランスやスイスにも非常に近く、デュービンゲン大学や多数の学校があることで別名「学生の街」とも呼ばれています。割合としては住人の約3分の1が大学関係者ということで、実際街中を歩くと教授や学友に一度は会うことになります(笑)

またノーベル文学賞を受賞し、20世紀初期に大活躍を果たしたドイツ文学を代表する作家「ヘルマン・カール・ヘッセ(Hermann Karl Hesse)」がデュービンゲンのヘッケンハウアー書店という場所で見習いとして働いたことでも有名。彼は仕事中以外は様々な文学作品を読んでいたとのことで、ヘルマン・ヘッセの作家としての礎を築いた場所と言うことができるでしょう。

おすすめスポット6選

今回は、デュービンゲンに実際に留学していたからこそ分かった必見スポットを6つご紹介します!ただ、街全体が「ザ・ドイツ」という街並みなので、お散歩するだけでも楽しいです‼︎

エバーハルト橋

デュービンゲン駅からダウンタウン(旧市街)に入る際に必ず通る橋がこのエバーハルト橋。カール通りという比較的新しいお店が立ち並ぶエリアを横目にネッカー川を隔てるように架かっています。特に注目ポイントが上記のデュービンゲンを代表する街並み。訪れた人のほとんどが写真撮影を行う最大の写真スポットです‼︎

マルクト広場

ドイツ人が住んでみたい街ランキング上位に位置するデュービンゲン!その旧市街の中心に位置するのがここマルクト広場です。広場を囲むように様々なお店が立ち並んでおり、ご旅行の際ならお土産やお食事をするならここがおすすめです!15世紀に建てられた市庁舎や天文台も必見です。

シュティフト教会

シュティフト教会はテュービンゲン大学の創始者でもあるエーバハルト伯爵により建てられたゴシック建築の建物です。残念ながら一度は第二次世界大戦により破壊されましたが、その後修復され後期ゴシック様式として1470年に再建されました。礼拝の時間は定められているため注意が必要です。

ホーエンテュービンゲン城

ホーエンテュービンゲン城はネッカチー川と旧市街を隔てる古城です。現在は古代史博物館として開放されており、テュービンゲンの歴史を垣間見ることができます。創建は1078年ですが、1606年に現在のようなルネサンス様式に改装されました。現在は、テュービンゲン大学の所有物の一部となっています。上記の写真はお城からテュービンゲン全体を撮影した写真となっており、町全体を俯瞰するには絶好のスポットとなっています!

デュービンゲン大学

皆さんお待ちかねのテュービンゲン大学は1477年に創立され、詩人「ヘルダーリン」哲学者「ヘーゲル」天文学者「ケプラー」等、数々の著名人を輩出している伝統と格式高い大学の一つです!世界的な評価も非常に高くTimes Higher Education Rankingでは全世界中89位(2019)となっています!更にGerman Universities Excellent Initiativeの一つにまで数えられ、あくまで指標として日本で言うと京都大学並みかと推測します。詳しくはこちら

THE (Times Higher Education) has been providing trusted performance data on universities for students and their families, university academics, university leaders, governments and industry, since 2004.

ヘルダーリンの塔

詩人として有名なヨハン・クリスティアン・フリードリヒ・ヘルダーリン(Johann Christian Friedrich Hölderlin)が36年間を過ごした家を見ることができます。上記の写真では左側の黄色く尖った形の家です!! テュービンゲン大学で神学部生としてヘーゲルらとともに学んだことで思想家としても知られています!!

ご紹介できなかった場所

残念ながら今回ご紹介することのできなかったヘルマン・ヘッセが見習いとして働いていた場所や、川沿いの地域の情報はこちらの動画が分かりやすかったため掲載します!ドイツ人2名が日本語で詳しく「テュービンゲンの魅力」について解説してくださっています。

最後に一言

いかがでしたでしょうか?フランクフルト国際空港から電車を乗り継ぎ約2時間ほどで到着できるテュービンゲン(Tübingen)は様々な魅力が詰め込まれた素敵な町です。近年は、絶賛アジアブームのため中華料理屋・日本料理屋(定食屋)等も営まれています。スイス・フランスご旅行の前にドイツのテュービンゲン(Tübingen)を経由することで「知る人ぞ知る旅」を満喫できること間違いなしです♪