龍が巻き付くタイのおすすめ観光名所「ワットサムプラン」の魅力

龍が塔に巻き付いている「珍スポット」として有名な、タイの観光名所「ワットサムプラン(Wat Samphran)」はご存知でしょうか?バンコク市内から少し距離があり、観光雑誌にはあまり載ることのない「知る人ぞ知る名所」となっています!!それでは、詳しく見ていきましょう!

ワットサムプラーンについて

「ワットサムプラン」とは、バンコクから40kmほど西に位置する「ナコンパトム(Nakhon Pathom)県」にある寺院です。1991年住職のBhavana Buddhoが「龍の塔を建立せよ」という高僧からの夢のお告げを聞き入れ「龍の塔」建立が開始されたのだとか(仏教国ではよくある嘘のようなホント?のお話)。およそ5年かけて17階建ての現在のような形になったそう!!また、ブッダの享年と言われる80歳に合わせて高さは80メートル。仏教の「地獄」から「天国」へ登っていくことを暗喩するように龍は天へ登っています。このように、随所に仏教感を感じることができることもできます。

バンコク市内からの行き方

「ワットサムプラン」へは、少し値が張りますがタクシーがおすすめ!!場所によりますが、バンコク市内からだと片道300-400THB(バーツ)で行くことができます!定刻通りに出発するかわからない事や、バス停を見つけることが難しいので上級者向けですが、Victory Monumentから515番のバスに乗車すると「ワットサムプラン」付近まで連れていってくれます!(片道2時間ほど)

ワットサムプラン内部

「ワットサムプラン」に到着すると、最初に目にするのが「巨大な亀像(上)」や「巨大な金魚像(下)」たち!タイあるあるですが、有名な巨大像のまわりには、このように少し小さな像がいくつか置いてあります!

この場所、先述のとおり「知る人ぞ知る名所」ということで、観光客はあまり多くなく、タイ人ローカルが多く参拝に訪れておられました。余談ですが、実はこのお寺、住職がタイで不祥事を起こしたことで一時期は参拝することが「タブー視」されていたのだとか…現在は、ほとぼりも冷め通常通りの活気を取り戻しています!!

亀や金魚の像を横目に進むと、上記のような光景が広がります!!

手前には、日本にも良くある(金閣寺等)お金を投げ入れるスペースがあります!但し、こちらでは投げ入れてお金を載せることのできたスペースによって異なるご利益を得ることができます!!

例えば「If throw the coin in the dragon bag whom have merit will give treasures(龍の持つ袋に入れられたら、宝がもたらされる)」「If throw the coin in the dragon mouth whom have power will support(龍の口内に入れられたら、助力がもたらされる)」「If throw the coin in the big jar will be kept as treasures until offsprings(大きな瓶に入れられたら、子孫の代まで宝として受け継がれる)」等々、とにかくご利益が沢山得られるそう(笑)!!皆さんもぜひチャレンジしてくださいね♪

一通りご利益を受けた後は、いざ「龍の塔」を登りましょう!!ご覧の通り、足まで「龍」が完全再現されています!入る前に、ぜひ一周してみてください!色々と調べた結果「インスタ映えスポット」としては、先ほどご紹介したご利益スポット側から撮影するのが無難かなと思います!例えば、僕のお気に入りは下記のように「タイ国旗」を交えて撮影してみました。お好みでお楽しみください!

それでは、龍の体の中に入って頂上を目指しましょう‼︎

龍の内部はご覧の通り無機質ですが、随所に明かりが点在しています!稀に正体不明の虫も転がっていますが、これもタイあるある♪

個人的な解釈ですが、天までの道は「瞑想」を行うのが最適なのかなと思います!先述のとおり「地獄」から「天国」への道ということで、僕は「過去」を省みながら頂上を目指しました!

最後に一言

いかがでしたでしょうか?「龍の塔」以外にも見どころの「ワットサムプラン」の周辺は、バンコク市内とは一風変わった牧歌的な風景を垣間見ることができます!!「知る人ぞ知る名所」にご家族や友人とぜひ一度足を運んでみてくださいね!!

ワット サームプラーン(Wat Sam Phran)
วัดสามพราน